ピルは妊娠状態…は間違い

ピル服用=擬似妊娠というのはよくある誤解です。

初期副作用の吐き気を、妊娠した状態だからつわりと結び付けたり
お腹が膨らんでくる心配をしたり
妊娠中に不調が出た経験があるのでピル飲みたくないとか
いろいろ心配することがありますが、そこは関係ないんです。

妊娠中は排卵しないことがヒントになって
避妊薬ピル誕生の経緯があるのでそういうイメージになってるのでしょう。

妊娠状態にするから排卵しない、というよりは
排卵する条件にしないから排卵が起きない、です。

生理周期って血中ホルモンが増えたり減ったりして
排卵を起こしたり、内膜をはがして生理にしたりします。

ピルを飲むと体の中のホルモンが増減せず一定になります。
増減しないから「足りなくなったよ~」とか「十分だよ~」って
脳があれこれアクションを起こす命令をしなくて済む。

命令が来ないから排卵しないし、
内膜もがんばって厚くさせることもなくいろいろ一定してきます。

ピルをやめてホルモン濃度がキープされないようになれば
脳から働け命令がでるので排卵が起きるので、
ピルは「可逆的な避妊法」といわれるのです。

血中ホルモンの増減がないということは
ホルモンによる揺さぶりがないから
気分の浮き沈みも穏やかになって
生理前のイライラとか過食がなくなる効果もあるんですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました